国策としての原子力

サンデル教授「原発議論は民主主義の試金石」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110423-OYT1T00568.htm Link

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=吉形祐司】
ベストセラー「これからの『正義』の話をしよう」の著者、米ハーバード大学のマイケル・サンデル教授(58)(政治哲学)は22日、読売新聞などと会見し、福島第一原子力発電所の事故を受け、いかに原発の将来を議論するかが「民主主義の究極の試金石となる」と述べ、建設的な論争を求めた。  

1人殺せば5人を救える場合、1人を殺すことは正義か――こうした「究極の選択」を講義で論じる教授は、原発是非論に関して「激しく対立する問題で議論を避ける傾向があるが、間違いだ。(互いに)敬意を払い、開かれた議論ができるかどうか、民主主義が試されている」と断言した。  

議論のリード役については、「まず政治家だが、政治家はいい仕事をしていない。市民がそれを要求していないからだ。メディアの責任は大きいが、娯楽的な『どなり合い』ではなく、真剣に討論する場を提供すべきだ」と述べた。(2011年4月23日18時41分 読売新聞)

------
マイケル・サンデル 究極の選択「大震災特別講義〜私たちはどう生きるべきか〜」
http://www.nhk.or.jp/harvard/ Link
http://mugendai.bloggers-network283.com/2011/04/ Link 抜き書きマイケルサンデル究極の選択大震災特別講義私たちはどう生きるべきか1.html
http://mugendai.bloggers-network283.com/2011/04/ Link 抜き書きマイケルサンデル究極の選択大震災特別講義私たちはどう生きるべきか2.html ------------------------------------------------------
[保団連東日本大震災情報共有掲示板]
一覧画面:http://www.cypher-web.jp/rescue/list.php Link
2011.05.12

> http://www.ustream.tv/recorded/14622826 Link > >  も、面白いです。

3 of 9123456789Next»

― posted by 大岩稔幸 at 09:55 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2011.5 >>
SMTWTFS
12 34567
8910111213 14
15161718192021
222324 25262728
293031    
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0115 sec.