[ カテゴリー » エッセー ]

時代おくれ

img027


 最近はデザインの学校が各地にあるし、デザインのコンクールも多い。卒業制作などを見るとアカぬけたすばらしい作品が眼につく。

 たしかに美しいパンフレットも多くなった。デパートのショーウインドウもイキなものがある。しかし、TVのバラエティショーはどうなのか、やたらにケバケバしい。原色があふれて、さらに電飾がピカピカ、チカチカするものもあり、人物が埋没していることが多い。装飾過剰で、見苦しい。

 わりあいとスッキリしていたNHKも、おかたいイメージから抜けたいという気分は解らないでもないが、朝番組でもゴテゴテしたものが多くなり、お花見の時の立看板みたいなのがでてくるのはどうも気に入らない。

 もっとも、これが今風で、ぼくの感覚の方がおくれているのかもしれない。いつのまにか古いタイプのアナログ人種になってしまったので、自信はない。

 なんだか、大安売り、テンコ盛りというけたたましい風情で、週刊漫画誌の表紙もゴチャゴチャしている。オモチャ箱をひっくりかえしたように乱雑。

 歌番組の若い歌手の歌っている歌詞の意味がよく解らない。チンプンカンプンである。

 年末のNHKの紅白歌合戦も装飾がきらびやかすぎるし、ほとんどダンサーのバックダンスの方が歌より印象が強い。歌合戦ではなくてあれではショー合戦である。歌手の衣装もあっとおどろくド派手なものがあり、悲恋に泣く女の情感をしんみりと歌っても、まったくチグハグで、こんなことでいいのかなと思って感情移入できない。

 今はシャンソンはすっかり下火になってしまったが、昔の日本人はシャンソンが大好きだった。ジュリエット・グレコは黒一色の衣装、カーテンも黒くて、さらにスポットをしぼって歌った。イヴ・モンタンのステージもシンプルで、歌は心にしみた。

 またTVのことになるが、司会者はTVの前にいる視聴者に話しかけるべきだと思うのに、人数だけやたらに多い出演者に話しかけて自分たちだけで笑ったり楽しんだりしていることが多い。おいおい、それはちがうだろう。それでギャラもらっているというのはまちがいではないか。と思うが「なに言ってるんだ。あんたは時代おくれ」と言われそうだ。







2010.10.16 高知新聞夕刊
オイドル絵っせい
やなせたかし

― posted by 大岩稔幸 at 09:28 pm

大人の修学旅行

img023

img024



人生2度目の修学旅行 パート2
保団連四国ブロック主催 第19回「文化の旅」
京都・伏見の街と世界遺産の旅・鴨川納涼の宴

徳島                 香川             愛媛              高知
納田 一徳               森 仁志            阿部 真知子          大岩 稔幸
納田 多惠               油谷 一裕           大本 靖            井坂 公(いさお)
篠原 祥三               油谷 千絵                           伊藤 高
篠原 みやこ              西山 徹                            伊藤 幸子
豊崎 纏(まとめ)           西山 ヒロコ                          吉田 紀雄
豊崎 光子               三木 登志也                          吉田 優子
武田 一郎               三木 一美                           弘光  武雄
武田 やすよ              永峰 伸一                           尾崎 さゆり
善成 敏子               永峰 裕美
廣瀬 千壽子              綾坂 則夫
島 孝仁                向井 良治
島 裕美                山下 正樹
高橋 浩子               山下 道子
高橋 翠                白川 佳代子
藤枝 恵裕               都築 睦子
                    篠崎 文雄

計41名参加
中学3年生の修学旅行は、京都・奈良でした。ほとんど記憶ありませんが、それでも自由時間は楽しいものでした。
お土産を買ったり、友達とふざけあったり・・・学生時代の修学旅行は、その手の時間ばかりが楽しみだったが、
大人になって、それも老年期になっての修学旅行は、すべての時間に意味をみつけることができる。
とはいえ、学生時代の気分も妙に脳裏にこびりついて離れない。

P1010442

― posted by 大岩稔幸 at 09:06 pm

不東(ふとう)

img004


1262396219img134

不東(ふとう)
 三蔵法師・玄奘(げんじょう)の、インドへ達せずば東へ戻らず、という気概を示した言葉。『大唐大慈恩寺三藏法師傳』に、玉門関の手前、瓜州(甘粛省安西県)を発ち草原に入ったときに年老いた胡人に西域行きを止められたときの「貧道爲求大法。發趣西方。若不至婆羅門國。終不東歸。縱死中途。非所悔也。」(私は大法を求めんがために西方に発とうとしているのです。もしバラモン国に至らなければ、けっして東に帰って来ません。たとえ中途で死んでも悔いはありません)。

 また、玄奘が玉門関の外に五つある烽(狼煙台・要塞)の第一烽で捕まった時に校尉(指揮官)王祥に言った「誓往西方。遵求遺法。檀越不相勵勉。專勸退還。豈謂同厭塵勞。共樹涅槃之因也。必欲拘留。任即刑罰。奘終不東移一歩以負先心。」(西方に赴いて遺法を尋ね求めようと誓ったのです。それなのに貴方は励ますことなく専ら退き返すことを勧めるのですか。苦労を嫌ってどうして共に涅槃の因を植えるといえましょう。どうしても私を拘留しようとするなら、すぐに刑罰につかせて下さい。私はどんなことがあっても東へは一歩も歩みません)。

 さらに、砂漠で水の入った皮袋を落として水を失い、やむなく十里ほど戻ったときの「自念我先發願。若不至天竺。終不東歸一歩。今何故來。寧可就西而死。豈歸東而生。」(自分は先に願をたてて若しインドに至らなければ一歩も東に帰るまいとした。今なぜ引き返しているのか。むしろ西に向かって死ぬべきだ。どうして東に帰って生きられよう)の三箇所に見える。

 玄奘は、仁寿 2年(602)〜麟徳元年(664)中国唐代の僧。法相宗の開祖。洛州陳留(河南省偃師県)の人。俗姓陳氏。13歳で得度。洛陽の浄土寺で勉学したのち武徳5年(622)に具足戒をうけ、成都から草州、相州、趙州をへて長安に戻り、大覚寺に住んで道岳、法常、僧辨といった学僧から倶舎論や摂大乗論の教義を受けたが、多くの疑義を解決することができず、国禁を犯して貞観3年(629)インドへ出発。中央アジア・カシミール経由でマガダ国に入りナーランダ学院にて戒賢に師事。
 
大乗の唯識学(瑜伽論)を中心に仏教論理学や文法学などを広く研究し、貞観19年(645)帰朝後、没するまで『大般若経』『解深密経』『成唯識論』など総計76部1347巻に及ぶ訳業を完成した。これにより唐初の仏教界に法相宗が生まれ,日本の奈良にも伝えられた。弟子弁機は『大唐西域記』を撰し,慧立に『大唐大慈恩寺三藏法師傳』がある。なお小説『西遊記』は『大唐西域記』や『三藏法師傳』の話にもとづき、明の呉承恩が隆慶4年(1570)ごろ撰したもの。

1 of 212Next»

― posted by 大岩稔幸 at 10:36 am

夜光杯

img049

 西安はかつて長安とよばれた唐の都だった。当時、長安はシルクロードを通じて東西の珍品が集まり、酒楼などでは西域から伝わった葡萄酒を夜の光に輝く玉杯で飲んだという「夜光杯」。その妖しげな名の酒杯はどんなものだったろう。

 古代、夜光杯は白玉を研磨してつくられていた美しい酒杯である。夜光杯の名が書物に登場するのは漢代に遡るといわれている。漢代の東方朔の記した『海内十州記』によれば、「周代に西域の者が玉でつくられた刀と夜光にきらめく杯を王に献上した。杯は白玉の極めて上質なもので、夜間も光り輝く」とある。

 一方、涼州では祁連山脈から採れる「祁連玉」を使って夜光杯がつくられた。夜光石ともよばれる祁連玉は、墨色の模様の入った緑色をしていて、きめが細かくなめらかな質感を持っている。玉を薄く削って酒杯にすると、夜の光を通して緑色に輝くことから宝物として珍重された。

 シルクロードによって繁栄を極めた唐代の長安では、夜光杯に西域から伝わった高級な葡萄酒を入れて飲むことも上流階級にあったと言われている。しかし、後世まで夜光杯を有名にしたのは唐代の詩人、王翰の『涼州詞』の一首である。ただし、その夜光杯が祁連玉だったかどうかは定かではない。

葡萄の美酒に夜光杯
飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す
酔うて沙上に臥す 君笑うこと莫かれ
古来征戦 幾人か回(かえ)る
               王翰 『涼州詞』 唐詩選より

img050

― posted by 大岩稔幸 at 01:13 pm

夜空を眺める

img047

 ことしは国連などが定めた「世界天文年」。国内では1月4日群馬県で開かれたオープニングセレモニーを皮切りに、さまざまな催しが企画されている。

 ガリレオ・ガリレイが手製の望遠鏡で天体観測を始めてから400年になるのを記念する行事だ。その前年にオランダ人が発明したといううわさを頼りに、苦労して組み立てた望遠鏡の倍率は14倍。いまならおもちゃ屋で売られている程度のものという。

 それでも人類初の天体望遠鏡で得られた成果は大きかった。でこぼこした月の表面や木星の4つの衛星、無数の星の集まりである天の川、そして太陽の黒点…。急いでまとめた「星界の報告」にも、ガリレオの興奮が満ち満ちている。

 ガリレオが切り開いた新たな世界は、望遠鏡の発達とともにどんどん広がってきた。さらにロケット技術の発達による宇宙の解明も加わった。ことしは人類が最初に月面に降り立ってから40年の節目でもある。

 まだまだ未知の部分が多く残る宇宙とはいえ、科学の発達によって伝説や神話に彩られた世界は打ち砕かれてしまったかのようにみえる。これを「知恵の悲しみ」と呼ぶそうだが、夜空にきらめく無数の星はやはり私たちをロマンの世界へ導いてくれる。

 江戸中期の句集に「星の名を覚えて空も伽(とぎ)になり」という句が出ている。一年中で最も星の観察に適したこの季節、家族で夜空を見上げるのも悪くはない。





小社会
2009年01月04日08時08分

― posted by 大岩稔幸 at 07:03 am

<< 2018.1 >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0299 sec.