[ カテゴリー » エッセー ]

刎頸の交わり

present


男の首について

男の友情の最もエロティックな表現は「刎頸の交わり」ではなかろうか。
           
男の首についての古来最も煽情的(エキセントリック)なエピソードは洗礼者ヨカナーソ(バブテズマのヨハネ)の首の話であろう。『マテオ聖福音書』のいうところによると、ユデアの太守へロデ・アンティパスは後妻へロディアスの連れ子サロメに舞いを所望し、その褒美にはなんでもやると約束した。

ちょうどそのとき、太守の牢にはヘロデとへロディアスの不倫の結婚をなじるヨカナーンがつながれていた。前々からヨカナーンのことをにがにがしく思っていたヘロディアスは娘を唆かして、褒美にヨカナーソの首を! といわしめた。

洗礼者を恐れていた優柔不断の太守は困惑したが、約束の手前しかたなく洗礼者の首を斬らせて盆にのせ、サロメに渡した。サロメは盆の上の首を母親のところに持って行った……

この簡潔な描写だと、ヨカナーン生首事件の首謀者は太守夫人へロディアスで、サロメは太守夫人の手に操られる操り人形にすぎない。これにまったく新しい解釈を施して一幕の耽美劇に仕立てあげたのが、イギリス世紀末の異才オスカー・ワイルドである。

ワイルドの『サロメ』によると、サロメは淫蕩で権高な母親の傀儡などではなくて、彼女じしんの発意で、かなえられなかった恋の意趣晴らしにヨカナーンの首を望んだことになっている。ワイルド得意のさわりの科白を聞いてみようか。

ああ! お前はその口にロづけさせてくれなかつたね、ヨカナーン。さあ! 今こそ、その口づけを……いいよ、ヨカナーン、このあたしは、まだ生きてゐるのだもの、でも、お前は、死んでしまつて、お前の首はもうあたしのものだもの。どうにでも出来るのだよ、あたしの気のすむやうに……ああ! ヨカナーン、ヨカナーン、お前ひとりなのだよ、あたしが恋した男は……ああ! あたしはたうとうお前の口に口づけしたよ、ヨカナーソ、お前のロに口づけしたよ。お前の唇はにがい味がする。血の味なのかい、これは?    (福田恒存訳)


このあと、サロメは激怒した太守の命により兵士たちの楯に押しつぶされて殺されてしまうが、この遂情直後の死は精神分析家たちのいう性と死の一致の格好の見本のように思われる。

ワイルドの『サロメ』には、のちにこれに触発されてできあがったオーブリー・ビンセント・ビアズリーのきわめて自由な挿し絵の連作がある。それぞれに題名があって、『舞姫の褒美』と題された一枚は盆の上のヨカナーンの首から紅い血(黒白を得意としたビアズリーの絵では黒い血だが)が滴っているが、このすぐあとにつづくと思われる『最高潮』と名付けられた一枚では、サロメの手につかまれたヨカナーンの首から白い血が垂れている。

ビアズリーがそこまで意図したかはいざ知らず、この白い血は情交のあとの滴る精液のように見える。このあと、情交の相手であるサロメが殺されるのだから、なおさらである。

生首を主題にした絵は本朝にも多いが、国芳の六十九次から芳年の残酷絵にいたるまで、生首を口にくわえ、あるいは手にひっさげているのは、いずれも女性ではなくて男性である。これは敵討ちという素材上の要請だともいえるが、サロメのばあいの異性愛的匂いに対して、同性愛的雰囲気をそこに感じとることもできる。

同性愛的という言葉が刺激的に過ぎるなら、汎性愛的(パン・エロティック)と言い換えてもよい。敵方の若き武将である木村長門守の頭髪に香をたきしめ、薄く化粧した首級を賞めた家康公の逸話は、戦国武将に一般的な汎性愛性の典型的な現われというべきだろう。

いったい、立てた手柄の証拠にと、自分が闘った当の相手の首級を持ち帰るという風習は、どんな心情に出たものだろうか。これをニューギネアやボルネオの首狩族さながらの蛮性ととる考えかたはかなり抜きがたいが、それは否定できないにしても、そこに同時にたったいままで自分と死力を尽くして闘った敵のいのちへの愛惜を見なければ、片手落ちでほあるまいか。乃木大将とスチッセル将軍ではないが、呼吸も通いあわんばかり、体熱も伝わりあわんばかりにたがいに体を接して死を賭して闘いあった敵同士は、微温的な友人同士よりもはるかに親しい間柄といえるかもしれないのだ。

いな、友人についても東洋には古来、刎頸の交わりという成語があって、水魚の交わりの類をはるかにひきはなしてエロティックである。

『史記』廉頗蘭相如伝(りんばれんしょうじょでん)に出るこの成語のもとの意味は、相手のためには自分の頸を刎ねられてもいいほどの親しい交わりということらしいが、字づらのみ見るかぎりではたがいに相手の頸を刎ねあう仲とも思える。また、相手のためには自分の頸を刎ねられてもいいということは、窮極的には相手に自分の頚を刎ねさせてもよいということになるであろう。逆にいえば、相手の頸を刎ねるがわは、頸を例ねるほどにも相手のことを愛しているともいえるのだ。

男の首のこのようなエロティシズムは、どこから来るのだろうか。男の首が上半身と下半身をつなぐつなぎ目という微妙な位置にあるからだといえば、たぶん怪訝な顔をされるであろう。上半身と下半身のつなぎ目なら、腰ないしは下腹部というのが、常識だろうからだ。

しかし、あえて奇をてらうようだが、ほんとうの意味での上半身とは頭部であり、下半身とは背部から下全体なのではなかろうか。

上半身、下半身というばあいの上下には、形而上、形而下の上下の気味が抜きがたく含まれているように思う。頭部も肉であることに変わりはないが、認識作用のほとんどが五感というかたちでここでおこなわれ、対他表現のほとんどが表情というかたちでここでおこなわれることを考えれば、頭部は胸部以下に比べてはるかに形而上的ということができよう。

「首を賭ける」、「首をやる」、「首を切る」などの首に集中した決定的な表現も、首という微妙な位置を考えれば、当然のこととも思われる。

形而上的なものほ形而下的なものを含むから、皿の上のヨカナーソの首はヨカナーンの男根のようにも見える。じじつ、情痴の果てに愛する男の男根を切りとった阿部定女とヨカナーンの首を褒美にと乞うたサロメと、二人の女性の心情はフロイト的にはきわめて近いといえる。

すくなくとも、切られた頭部をかきいだいたり、血まみれの男根を愛撫したりする女性は考えられても、それらのない胴体と女性の組み合わせは考えられまい。そして、さらにいえば、この切りとられた首のエロティシズムがほんとうにわかるのは、男性にとって異性たる女性ではなくて、同性である男性だと、私には思われる。

kissing

― posted by 大岩稔幸 at 07:55 am commentComment [1]

男の股間

bdsm-1645-42


男性の股間は古代ヨーロッパにおいては必ずしも厭うべきもの、おしかくすべきものではなかった。古代ギリシア彫刻がいい証拠である。これを厭うべきもの、おしかくすべきものとしたのは、ユダヤから古代世界一円に広がったユダヤ・キリスト教である。かくして、ギリシア彫刻の股間は「石もて」破壊され、失楽園ゆかりの無花果が酷刑のあとを覆うこととなる。中世という時代は、男性の股間にとってもまた、晴黒時代だったのである。

さて、男性の股袋だが、その発生はイタリアの中世から近世への脱皮期の、いわゆる文芸復興と関係があるのではなかろうか。股袋の役目はもちろん、その中身の偉大さを誇示するにある。ルネッサンス(文芸復興)の復興とは古代復興の謂いである。古代ギリシア・ラテンの文学芸術とともに、男性の股間もまた復活したのではないか。ミケランジェロの有名なダヴィデ像は、その何より雄弁な証拠であろう。

彫刻の股間にあるべき果実がみのると同時に、生ける男性たちの股間に股袋なる果実がみのってきたのでほあるまいか。しかし、中世という時代が世界じゆう、いたるところで男性の股間を弾圧していたわけでほない。たとえば、ヨーロッパ・キリスト教世界と敵対していた中近東回教世界である。ここには、ギリシア・ラテン以来の学問芸術が生きているとともに、男性の股間に正当な評価を認める古き佳き伝統も生きていた。

アラビアン・ナイト『千夜一夜物語』の第21夜に処女シャーラザードが語る「大臣ヌーレディーヌとその兄大臣シャムディーヌとハッサン・バドレディーヌの物語」には魔女によってダマスコの城門の外に眠ったまま連れてこられた青年ハッサンを、朝、城門が開いて外に出た市人たちが見つけてとり囲む条がある。「ところで一同がかうして話しあつてゐると、朝の微風が吹いて来て美しいハッサンをなぶり、その肌着をもちあげました。すると、すべてが水晶のやうな、腹や臍や腿や脚や、又陰茎と非常に形のよい陰嚢が現はれるのが見えました」というのが、そこの描写である。この健康無比な態度はどうだろう。ここでは、訳語にある「陰茎」「陰嚢」の「陰」の字までがふさわしくなく思われるほどだ。

いったい、「陰茎」、「陰嚢」という陰惨な訳語はどういう頭によって案出されたのだろうか。だいいち、陰部という用語は女性のその部分にはふさわしくても、男性には似合わないというのが、私の持論である。陰は陰陽の陰であり、あくまでも女性的原理を表わすものだからである。

陰・陽にカクレル・アラワレルという対応した訳があるとおり、生理的な形状もまた、女性のそれは肉体の内部に陰れ、男性のそれは外部に陽われている。男性のばあい、それをいうならむしろ、陽部といい、陽茎、陽嚢とすべきではあるまいか。そうでなければ、古来、易にいう「陰陽合体」は「陰陰合体」となるほかなく、これでは万物も生じょうがないではないか。
                        
陰の字を使うようになったのは、儒仏思想による性を隠すべきものとする考えかたの影響に相違あるまいが、褌でかくそうとブリーフでかくそうと、中身の陽はあくまでも陽でありつづける。ドイツの詩人ライナー・マリア・リルケがいうように、男性の股間はあくまでも「生殖の光りかがやく中心部」なのである。だからこそ、わが国のポーノグラフィーの鼻祖と崇められている鳥羽僧正も、その抱腹絶倒の傑作の題名を「陽物比べ」として、「陰物比べ」とほしなかった。

男性の股間についてなされたわが国で最も美しい表現は何かとならば、少少突飛に思われるかもしれないが、私は世阿弥の『風姿花伝』をはじめとする花の理念を挙げたい。世阿弥の「花」はいうまでもなく能楽の美の象徴だが、この「花」とほじつは性的魅力のことであり、さらにいえば股間の魅力のことだと、私は思うのだ。

周知のとおり、花は植物の「生殖の光りかがやく中心部」である。植物の生殖器である花に能楽の美を象徴させた世阿弥の意味するところを、私たちは考えなおしてみる必要があろう。
                    
当時、能楽は今日では想像できぬまでに煽情的(エキセントリック)な芸能だったし、世阿弥じしん12歳の「花」の魅力によって時の青年将軍、足利義満公に見いだされてその寵愛を受け、それがそのまま能楽の大成につながり、「花」の理念の完成につながったのであった。

股間の表情というと人は眉をひそめるかもしれないが、そのあからさまな緊張と紅潮を考えるまでもなく、股間の表情の直截的なこと、顔の表情以上といえよう。いや、股間の個性という表現だって、じゆうぶん成立する。股間のかたち、いろ、つやについては、それこそ十人十色、いっそ男の美醜をここで決めてほどんなものかという説があるほどだ。花が植物の生殖器であり、股間が人間の花であることを思えば、この意見、あながち奇矯とはいえまい。

1 of 3123Next»

― posted by 大岩稔幸 at 11:37 pm

天気予報

wilddeepcurrent

「戦争は発明の母」といわれる。敵に勝つため、頭脳を結集して新しい技術を生み出した例は古今東西、枚挙にいとまがない。天気予報もそのひとつといえるかもしれない。

19世紀半ばのクリミア戦争。フランスの戦艦が黒海で暴風に遭い沈没した。イベリア半島で発生し、東に移動してきた暴風だったことから、天気図で変化を追えば予想できたのではないか、となったわけだ。1858年にはフランスで天気図による天気予報が始まっている。

科学技術の進歩とともに、天気図による予報は物理学の法則に基づく数値予報に変わった。日本では当初、経験派と理論派の予報官の間で対立もあったようだ。他の分野でも起きた人間と機械のあつれきのようなものだが、精度が向上したいまでは昔話だろう。

予報手法は変わっても、観測データがもとになるのは不変。もっとも収集方法はかつての人力から自動になり、測候所の廃止が相次ぐ。

人類は太古から雲や風を観察して天気の変化を予測してきた。「観天望気」の成果ともいえることわざは紀元前からある。「夕焼けは晴れ」など多くの国に共通するものから、地域独特のものまで実に多彩だ。天気予報の発達は歓迎だが、一方でそんな生活の知恵が失われつつあるのも間違いない。

きょう11日は暦の上では「入梅」。空を見上げながら「梅雨入りはまだかな」と思う感覚は、いつまでも生き残ってほしい。

― posted by 大岩稔幸 at 12:52 am

ミカエルの菱形

3607775

腰とは読んで字のごとく肉の要である。肉とはつまり肉体であり、性力のことである。古来、わが国には、腰についての成句に「腰が強い」「腰が抜ける」「腰を入れる」「腰を据える」など、いろいろあるが、これらのもともとの意味が性的なことからおこっていることは、川柳をはじめ、江戸期の軟文学を読めばはっきりする。諺にある「腰張り強くて……」の腰張りは代表的で、明瞭に色好みのことをいっている。

なにもわが国ばかりではない。西欧にも旧約「創世記」以来、「腰より産む」といういいかたがあって、男性の性的な力のことをいっている。男性の細く締まった腰が繰り返し力強く弾み、最後の弾みとともに女身の中に送りこまれた力が肉のかたちをとってあたらしい生命を産む……受胎ということの神秘を男性のがわから、いささかの卑猥さも交じえず、これほど的確に表現した例もないだろう。

ところで、男性の腰と大天使ミカエルの関係について、ご存じだろうか。裸の男性を後ろむきに立たせ、両脚を踏んばり、力を入れさせると、お尻の双ケ丘にひとつずつ、左右対称にくっきりと笑窪(えくぼ)がほげる。これに、脊椎と肋骨の最後の交点、および、お尻の割れ目のいちばん上のおしまいの点をつなげると、正確な菱形ができる。これをミカエルの菱形といい、この菱形のできる体形を、魅力ある男性の体形と古来、いいならわしている。

なるほど、痩せすぎた体ではお尻の笑窪は無理だろうし、反対に太りすぎでは脂肪の中に脊椎と肋骨をさぐることもおぼつかなかろう。でも、なぜミカエルの菱形なのか? 

ミカエルはガブリエル、ラファエルと並んで、三大天使といわれる。初代教会時代にはこのほかにも数限りない大天使がいたらしいが、8世紀の有名なラテラノ公教会会議で、ウリエルをはじめ諸大天使は大天使の地位を追われて、ミカエル、ガブリエル、ラファエルだけが大天使と認められた。

なかんずく、ミカエルは天なる神ヤハウェの軍勢の総司令官として、大天使の第一位、天使首座ということになったのである。
    
万軍の司であるからミカエルは戦士の姿をしている。ヨーロッパの都市で、戦死者記念碑の頂に翼を生やした若い戦士像を見かけたら、それはミカエルのことだと思えばよい。けれども、ミカエルはなぜ若い戦士なのか。天使首座という響きからも、総司令官というイメージからも、私たちはすくなくも壮年の、髭をたくわえた姿を連想しがちである。

しかし、じつさいのミカエルは巨人ゴリアテを倒した少年ダヴィドをさながら、若やかなうえにも若やかに表現されるのである。これはカトリックの天使位階制のもととなったアントニオ・アレオバギタを考えれば当然かもしれない。なんとなれば、アレオバギタでは大天使ほ天使九品制の下品の一位でしかないからである。それも、さらにもとをたどれば、ペルシアか小アジアあたりの青年の姿をした精霊かなんぞであろう。

・・・
レースの飾りに埋まって
聖ミカエルは
塔の寝所におわしまし
カンテラの灯にかこまれた
見事な腿(もも)を人目にさらす

飼い慣らされた大天使
12時を告げる身振りで身を構え
羽根と夜鶯(ルイセニョール)との
優しげな怒りを真似ている

三千の夜を持つ若者、
聖ミカエルは、ガラスの中で歌っている、
コロン水の匂いを放ち
花から遠くへだたって。

 小海永二訳
フェデリーコ・ガルシーア・ロルカ
『聖ミカエル』

こんな美男子の聖ミカエルなら、男性の性の力の象徴である「ミカエルの菱形」の語源になった経緯もわかるような気がする。いな、聖ミカエルじしん、その裸の腰に輝くばかりのミカエルの菱形を持っていて、その腰からつぎつぎに健やかな子供が生まれそうな気さえする。もちろん、ミカエルは天使だから純霊で、無性的存在であるけれども。


00-Fr-LS

― posted by 大岩稔幸 at 12:25 am commentComment [1]

マグロ

mainimg01

マグロは水揚げ後、同じ向きで置かれているため、最初に置いた状態の上側を「上身」、下になった身を「下身」と呼ぶそうです。

味は本来、上身も下身も変わらないでしょうが、下身は上身の重さを受ける分だけ鮮度が落ちやすく、身割れを起こす事も考えられ、売買時は上身の方が高価のようです。

築地では、近海物の場合、尻尾と魚体と腹中を懐中電灯で照らして判断し、大阪では、懐中電灯を持たず尻尾と魚体だけで判断するとか。地方によっても判断の仕方は変わるようで、これ以外に均整のとれた身体つき(流線型)か、弾力性があるか、腹の部分に厚みがあるか、腹中はきれい(白っぽいほどよい)か、と見るようです。

また、尻尾の切断面が年輪のように見え、ピンクっぽい色が多いほど脂が乗っていると言われていますが、これらを総合的に判断するには、やはり長年の経験と勘なしでは、見極めは無理であろう。

美味しいマグロは餌にも影響される。マグロの餌と言えば、イカや青背の魚があげられるが、青背の魚を主に食しているマグロの方が、DHAやIPAが豊富で美味しいということになる。

高脂肪の青背の魚を、たっぷりと食べたふくよかなマグロは、メタボリックマグロということになる。人とは違い、回遊魚であるマグロは運動量が足りているので、メタボリック・シンドロームの心配はないであろう。

― posted by 大岩稔幸 at 10:17 pm commentComment [1]

<< 2018.12 >>
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0248 sec.