[ カテゴリー » エッセー ]

お尻について

404

私たちがヴィーナスと呼びならわしているアフロディーテーを、はじめて裸にして彫刻に表現したのは、ギリシア古典期の大彫刻師プラクシテレースだといわれている。以後のヴィーナス像はほとんどが裸体像として作られ、ヴィーナスはヌードの代名詞にまでなるのだが、そのうち最もエロティックな傑作のひとつが「カピトリーノのヴィーナス」であろう。

かたわらに脱いだ衣を置き、右手を両の乳房に、左手をいわゆるヴィーナスの丘に軽く置いた、この女神というよりは遊女というほうが似合いそうな像は、ローマ七丘のひとつカピトリーノ丘に位置したカピトリーノ美術館にある。この像の前に立って、この像の魅力の中心はいずこかと、私はしばし考えたものだ。
      
結論に達したのは、像の前に立つのをやめて、後ろに回ったときである。そこには、天地創造の第何日目かにつくられた最初の果実でもあるかのような、みずみずしくふくよかなお尻があって、前面の乳房やヴィーナスの丘も、なるほどこのどっしりしたものが背後にひかえていればこそ、存在しうるのだなと、思わせるものがある。

わが日本古来の俗語でお尻のことをお居処(いど)とはよくもいったり、まことにお尻は人間の存在感の原点だと、感に堪えたものだ。こういうわけで、私はヴィーナスの魅力の中心をお尻だと結論したのである。

もちろん、この意見には反論もあるだろう。ある人はヴィーナスの魅力は顔だというだろう。しかし、美術史的にはヴィーナスの変形とされる「サモトラスのニケ」には頭部が欠けている。欠けているにもかかわらず、ニケの像の美しさは他の多くのヴィーナス像と比べても、おさおさ劣らない。

toricacaoLouvreNikeM-1



またある人は乳房こそヴィーナスのヴィーナスたるゆえんだというかもしれない。それなら、ここで私は、『裸のサル』なるきわめてユニークな人間論を書いたアメリカの心理学者、デズモンド・モリスの授けを借りることにしょう。

モリスによれば、人間の本質的なものはすべて後ろがわにあるが、これが信号として前面に現われる。そして、乳房とは後部にあるお尻の前面に現われた信号だというのである。

俗流のことわざの『尻を追っかける』という言葉も側面からモリスの説に賛意を表している。「尻を追っかける」とは魅力を追っかける謂いだが、同じことを表わすのにまかりまちがっても「乳房を追っかける」という人はないからである。

だいぶ長くなったが、じつはここまではまだ枕である。これから本論たる男性のお尻に移らなければならない。ギリシア彫刻には美しさの点でヴィーナス像に代表される女性像に勝るとも劣らない多くの男性像がある。たとえば有名な「プラクシテレースのヘルメース」は、同じ彫刻師の「クニドスのアフロディーテー」よりはるかに美しいと、私には思われる。そして、その美しさの中心は、やっぱりお尻にあると、私は思うのである。

いや、「やっぱり」というような消極的ないいかたは正確ではない。「やっぱり」では、男性のお尻の美しさを女性のお尻の美しさの類推(アナロジー)で見ていることになる。これでは男性は女性の一変形(バリエーション)にすぎないということに等しい。

たとえば近代美学の基礎をつくった18世紀ドイツの美学者ヴィンケルマンの解釈は、まったく逆である。ヴィンケルマンはギリシア彫刻の基本は男性像にあり、女性像ほすべて男性像の美の基準をもとにつくられているといっているのだ。

この考えをお尻の美学に敷衍(ふえん)すれば、女性のお尻の美しさから男性のお尻の美しさが引き出されるのではなくて、かえって男性のお尻の魅力から女性のお尻の魅力がもたらされるということになろう。

女性のお尻に比べて男性のお尻のほうがなぜ美しいか。このことの研究でヴィソケルマンはもとより、あらゆる時代あらゆる国のどんな美学者より深く考え、比類なく独自な結論を出した偉大な人がわが国にいる。『少年愛の美学』の作家イナガキ・タルホ先生がその人である。

イナガキ先生の『ユーモレスク』という文章によると、大便所にはいるとき、女性はしゃあしゃあとしているのに、男性はなんとなく恥ずかしげである。これは女性には大便所にもうひとつの用があるのに対して、男性にはただひとつの用しかないからである。ただひとつの用とは何か? 表向きは排便だが、より根本的には性感の満足であると、タルホ先生はいう。ここからイナガキ・タルホの空前絶後に壮大なA感覚性感宇宙論が構築される。

A感覚性感宇宙論とは、これをわかりやすくいえば、二本足で立って歩く人間は一種の鳥である。鳥は飛びながら食べ、飛びながら脱糞する習性が示しているとおり、ロから肛門までひとつづきの一本の管からできていて、これをさまざまのものが覆っているにすぎない。このことをさらに推し進めれば、ウニ、ヒトデなどの腔腸動物にまでたどりつく。
                 
ところで、ウニ、ヒトデにおいては排泄ロと生殖器がひとつである。ここから、人間も本来は排泄ロと生殖器がひとつで、その排泄と生殖の一致した聖なる場所こそ、肛門だというわけである。しかも、肛門は人間の性感の中枢であるにとどまらず、じつに存在の中枢であり、さらにいえば宇宙感覚の中枢であるというのが、『少年愛の美学』にいうイナガキ先生のA感覚性感宇宙論の根本である。

しかし、肛門なら男性と等しく女性にも存在するのだから、それを含むお尻を男性専属の魅力の中心というのは変ではないかとの反論があるかもしれない。この反論に対する解答はイナガキ先生じしんに用意されていて、それは女性にはA(=エイナス)の聖所のほかにV(=ヴァギナ)の偽聖所があるので、A感覚が的確に感得されない。Vが偽聖所であるゆえんは、Aが口までひとつづきの穴でそこから天空がのぞけるのに、Vはせいぜい子宮止まりで天空はのぞけないということにあるらしい。

男性にももちろんP(=ペニス)があるが、これは穴ではなくて凸出部であるから、女性のVのばあいほど、邪魔になるということはない。しかし、男性のばあいでもP感覚が未発達の少年のあいだがA感覚が最も優れている。『少年愛の美学』とは、このことであろう。

これを要するに、男の魅力あるお尻とは、少年のように愛らしく締まったお尻ということになろうか。さらにタルホ先生は、この双ケ丘の風景をただひと言に「人間の体の中で唯一つ年をとらない部分」というのである。

わたしはかすかに湿りをおびた滑らかなお尻のふくらみを、さりげなく手で撫でてみた。その手ざわりは、地中海の輝く太陽に暖められた磨き大理石のようだった。真珠のような色合いの肌は、強烈な明かりの中だけで見る桃の綿毛のような柔らかい肌色の産毛に覆われ、新鮮な汗に濡れてきらきらと輝いていた。

男のお尻は彼が宇宙と存在の原理を感得するための感覚の中心なのである。



nike

396px-HermesbyPraxiteles

― posted by 大岩稔幸 at 01:14 am commentComment [1]

オルガスムの種類

8

オーガズム(英:Orgasm)とは、性的絶頂のこと。オルガスムス(独:Orgasmus)、オルガスモ(伊:Orgasmo)、オルガスム(仏:Orgasme)、アクメ(仏:acm)、オルガスミ(芬:Orgasmi) ともいう。

語源はラテン語の「オルガルスム」で 性交やオナニー、他人による性器への愛撫などにより性感帯を刺激することにより起こる。俗語では「イく」「来る」などともいう。文語では「達する」「果てる」「気を遣る」などと表現されることもある。男性では多くの場合、オーガズム時に射精が起こり、女性では膣口にある括約筋の規則的な収縮などが見られる。

生理的にはくしゃみに似ているとも言われる。オーガズムに伴い陶酔的な幸福感が感じられる。またオーガズムの直前に寂莫感(男性)や恐怖感(女性)を覚える場合もあるとされる。

オーガズムに至るまでの時間は、一般的に男性は短く女性は長い。また、オーガズム後すぐに快感が衰える男性に対し、女性はしばらくの間余韻が残るとされる。これは、男性の場合射精後にプロラクチン(prolactin; 乳腺刺激ホルモン)が放出されるためと考えられている。射精後しばらくのあいだ勃起状態が維持できなくなるのも、血中のプロラクチン濃度が高くなるためである。

男女の性愛において男性の射精後男性の性的興奮が急速に衰える為、その時点で男性が性交渉を中止する場合があるが、女性の方はまだオーガズムに達していないため不満が残ることが多い。これを補うため、女性への労りとして後戯(女性への愛撫や抱擁)がしばしば行われる。

男女ともオーガズムパターンは多く存在し、多くの場合オーガズムの初期レベルは陰茎や陰核(クリトリス)の刺激によって引き起こされ、陰嚢や大陰唇など性器全体に広がる。 男性のオーガズムの場合は射精によるウェットオーガズムと、射精を誘発しない前立腺刺激を主体としたドライオーガズムが存在する。また前立腺ではなくペニスを直接刺激しながらも射精せずに何度でもオーガズムに至る事はマルチプルオーガズムと呼ばれている。 女性の場合はGスポットやPスポットなどと密接な関係がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』オルガスムより

男性のオーガズムは通常射精を伴うが、前立腺刺激などにより、射精を伴わずにオーガズムに至ることも可能であり、これをドライオーガズムと言う。射精を伴うオーガズムをドライオーガズムに対してウェット(濡れた)オーガズムということもある。以上の定義からドライオーガズムは男性のオーガズムにのみ用いられる言葉である。

少年期の性的行為において精液の分泌が出来ない時期の少年のオーガズムは、ドライオーガズムとなる。この理論は複数の性科学者によって支持され、数件の報告がある。

射精をともなうウェットオーガズムが主にペニスだけの快感であるのに比べ、ドライオーガズムはより広範囲の性感帯、時には下半身全体を快感が襲うこともある。多くの経験者によるとドライオーガズムはウェットオーガズムの10倍或いは100倍も強い快感をもたらすと報告している。また一回のオーガズムの時間も長い場合には1分以上も継続する場合もある。さらに射精を伴わない為、性的刺激が続く限り、何度も繰り返してドライオーガズムに達することができる。

多くの男性は少年期から自らペニスを刺激して射精に至ることで快感を得るという、いわゆるペニスオナニーの経験を積んでいる為、性的刺激を続けると通常射精に至るが、多少の練習によりドライオーガズムに至ることが可能である。

ドライオーガズムに達する為の方法について詳しく述べる。いずれの方法にしても慣れるまでは、オーガズムが近づくとペニスに軽く触るだけでも射精してしまうことが多い。射精してしまうと当然のことながらドライオーガズムに達することはできない。従って、最初のうちは出来る限りペニスに触れないように注意を払うことが必要である。ただ、もし射精に至る場合も、通常の射精に比べて非常に強い快感を感じることが多く、咆哮してしまう者も多い。また前立腺を刺激している為に、前立腺液が多量に分泌されるので、射精する精液の量も格段に多くなる。

自分の指で長時間に渡って前立腺を刺激することは、かなり身体の柔らかい人でないと難しいので、Gスポット刺激用のディルドなどを用いると簡単に楽な体勢で前立腺を刺激することができる。また肛門括約筋の収縮により前立腺を刺激するエネマグラという前立腺刺激具を使うと、手で触れずに前立腺刺激を行うことができる。また弱い電流を前立腺に流してドライオーガズムを誘発する器具も何種類か販売されている。

エネマグラは米国で開発された前立腺マッサージ器具だが、前立腺を刺激することで比較的容易にドライオーガズムを得られることが分かり、今では前立腺オナニー器具として広く知られるようになった。肛門括約筋の運動により、前立腺、アヌスそして会陰部の三箇所を同時に刺激してドライオーガズムに至ることができる。

また、直腸から前立腺を刺激する方法とは別に、前立腺初期化と呼ばれる尿道から前立腺を刺激する方法がある。前立腺は膀胱直下の尿道を取り囲んでいるので、尿道にカテーテルなどの細長い弾性体を挿入すると、尿道を介して前立腺を刺激することができる。但し、この方法は尿道を傷つける恐れがあり、また手指、ペニスおよびカテーテルの消毒が不完全であると尿道炎や膀胱炎などの細菌感染を起こすので、危険性を十分に理解した上で行わなければならない。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ドライオーガスムより

オーガズム(オルガスムス、アクメ、エクスタシー)という言葉が日本に上陸してから、もう随分長い時間が経過した。しかし、不思議なことに、そこには依然として定義が存在しない。だから、オーガズムを議論したり、科学的実験をしたり、統計的な調査をしたり、カウンセリング、セラピーが行われても、行き着くところは矛盾の泥沼なのだ。70数年前、ヴァン・デ・ヴェルデは、オーガズムのない性行為は女性の身体に対する重大な侵害であると提唱した。しかし、そこにも、オーガズムの定義は存在しなかった。オーガズムには定義など必要ないのだろうか。もしそうだったら、性環境はここまで混乱するはずはない。何か根本的なところに大きな見落としがあるのではないだろうか。

― posted by 大岩稔幸 at 10:42 pm

男の乳房

img036


世の男性という男性は例外なく乳房コンプレックスなる病気の患者かもしれない。乳房コンプレックスは、しかし現代に始まったことではない。人類の発生以来、男性がつねに乳房コンプレックスがあったことは、ギリシア・アルカイク期のさるアポローン像がこれを証明している。そのアポローン像には股間の男性のシンボルと同時に、女神像に勝るとも劣らない堂々たる乳房があるのである。

かつてニューヨーク滞在のおり、後学のためポルノショップなるものを覗いたが、そこで私はアルカイクのアポローンの隔世遺伝とでも呼ぶべきものにお目にかかった。

さすが名にしおう男女同権のお国柄だけあって、店内には、女性の肉体の写しだけでなく、男性の肉体の写しまでが売られている。ところで、その男性の肉体の写しであるが、写真はともかくイラストのそれは、乳房がまるで女性のそれのように、うずたかく隆起しているのである。

ボディビルの本家本元だから、胸筋の発達ととってとれないこともないが、いかんせん大げさすぎる。これは要するに、ミスター・ポルノの乳房をかくも隆々と盛り上がらせているものは、ボディビルの流行であるよりも、男性の内なる切実な乳房羨望である、というべきであろう。

人間生理学的にもこのことは証明ずみで、肉体の歴史のかなたの男性・女性未分化時代には、男性にも女性のそれと同じく豊満な乳房があったとされている。男性が女性から分化して、いわゆる男性化をしだいに進めるにしたがって、乳房は反比例的に小さくなって、いまやかつての偉大なる乳房時代の寂しい記念碑程度にしか残っていない。しかし、小さければ小さいほど、男性の内なる「失われた乳房を求めて」の願望は強いはずである。

女性にとって乳房は育児のための栄養工場および貯蔵庫であるとともに、もうひとつの部分と勢力を二分する重要な性感センターである。

では、男性の乳房は退化しきった無用の長物かといえば、育児に役に立たないことはいうまでもないが、性感については必ずしもそうとはいいきれない。男性のいじらしいほど小さな乳房にも、性感があることは、事実である。いかに小さくとも、創られたものはそれなりに、存在理由があるものだからである。

michelangelodavid01

― posted by 大岩稔幸 at 11:35 pm

日本文化とは何か

takamatutukahekiga1

 1972年の3月21日に、奈良県明日香村の桧前(ひのくま)で、高松塚壁画古墳が検出されてから35年となる。その30年のおりの記念シンポジウムが東京で開催されたおりの、網干善教さんの衰えることのない高松塚への情熱をいま改めて想起する。

 壁画のカビがひろがり、あのあざやかな壁画も劣化いちじるしく、ついに石室の解体保存となったが、天井石の四枚すべてに亀裂のあることが判明した。その完全な修復による現地での保存を願うばかりである。

 高松塚壁画古墳をめぐって、その壁画のルーツが高句麗か唐か、激しい論争が展開されたが、青竜や女人像の服装などには高句麗の影響があるけれども、男性像などには唐の影響があり、その検出の当初から、私は高句麗も唐もという立場をとってきた。副葬品に唐の海獣葡萄鏡があったことがみのがせない。そして女人像の髪の生えぎわをリアルに描写している画法には、あたかも大和絵の趣向かと思われるほどの日本化の要素もあった。

 高松塚の築造年代は8世紀初葉、キトラ壁画古墳の場合は7世紀後半とみなす説が有力だが、この時期は美術史の側からおおむね白鳳文化とよばれている時代である。キトラのあの躍動的な朱雀にも、唐や高句麗の影響をベースに、日本化へのおもむきがうかがわれる。

 飛鳥文化のあと白鳳文化に入ると、日本らしさがいろいろな分野できわだってくる。神々の社を天つ社、国つ社に分け、それまで各地にあった祓(はらえ)を国の大祓として体系化し、飛鳥寺や百済大寺が官寺化したのは天武朝であった。即位式だけではなく、新嘗祭(にいなめさい)を拡充した大嘗祭(だいじょうさい)や伊勢神宮の式年遷宮が具体化したのも持統朝であった。

 大宝律令が完成して施行されたのは文武朝だが、その内容は唐の法律を母法としながらも、日本独自の要素を加味している。そのことはたとえば唐の祠令(四十六条)と日本の神祇令(二十条)を比較しただけでもわかる。わが国の神祇令では天神の祀と地の祭の区別が明確ではなく、サクリファイス(犠牲)の規定は皆無である。即位・大嘗・大祓などの条文はあっても、孔子をまつる釈奠(せきてん)の礼は、学令に見るにすぎない。

中国風の位牌名が、明・浄・正・直など日本の位階になったのは天武朝であり、その官号が飛鳥浄御原宮と命名されたとおり、浄の美意識がたかまってくるのも天武朝からであった。万葉仮名が7世紀のなかばに使われていたことは、難波宮出土の木簡によってたしかめられるが、万葉仮名を使ってのうた(倭歌)の隆盛も白鳳文化においてであった。漢詩、漢文学に対するヤマトの文学は、天武・持統朝を中心に活躍した柿本人麻呂の登場にも象徴されている。

 高松塚壁画古墳出土35年の今日、日本文化とは何かをしみじみと追想する。

日本文化とはなにか
上田正昭
(京都大学名誉教授)


2007年4月28日
高知新聞夕刊

― posted by 大岩稔幸 at 10:06 pm commentComment [1]

男の手のひら

hands400

黒人(くろんぼ)の兵隊さんが眠(やす)んでいる
その傍(かたわら)でドニーズはこころしみじみ眺めてる
自分のあそこを撫でたので
それでそこだけ桃色にぱっと染まった
男の掌(て)                     
                     堀口大学訳

ジャン・コクトーの最初期の詩集『寄港地(エスカール)』にある「黒人と美女」と題する愛すべき小品である。

男性の肉体の中で、最も男性的な部分は、どこだろうか。ある人は感情の表示板たる顔をあげ、ある人は思考の中枢である頭脳をいい、またある人は心のありかに擬せられている心臓をさすかもしれない。それらのひとつひとつについて異議をさしはさむものではないが、手もまたこれらにひけをとらず、われこそ最も男性的な部分と主張できると思われる。

ジャン・コクトーの「黒人(くろんぼ)の兵隊さん」が書かれたのは1920年だから、この兵隊さんはおそらく仏領アフリカのどこかから徴兵された黒人兵で、休暇かなんぞでマルセイユあたりの妓楼に登っているのだろう。

だからドニーズというのは、相方の若い娼婦でもあろう。男は安心しきって上を向き、握った手を半開きにして、安らかな寝息を立てている。その半開きの桃色の手のひらを見て、ドニーズは「自分のあそこを撫でたので/それでそこだけぱっと染まった」のだと、納得している。ほんとうは、ぱっと染まったのは撫でられたがわの自分の「あそこ」かもしれないのに、それを逆に撫でたがわの「男の掌」と強引にいっているところが、この詩のおもしろさであろう。

けれども、この詩にいうとおり、男の掌だって赤くなるかも知れない。その赤くなりかたは、ひょっとしたら女の「あそこ」以上かもしれない。その手は、女のよろこびをつくり、愛の結晶をつくるおおもとになる手だが、そのつくる行為の第一原因は、男の含羞であるかもしれないのだ。

べつに「黒人の兵隊さん」に限らず、男の手というものは一旦仕事を離れると、急にあどけなくなったりする。節の太い指の先にある半月のくっきりした健康そうな瑪瑙色の爪が、育ちのいい坊ちゃんよろしく深爪に切り込んであったりすれば、なおさらである。こんな手の表情をみると、顔の表情を見る以上にセクシーである。

silk3


「代用品」
目は口ほどにものを言い
手はあれほどにことをする
   堀口大学「月かげの虹」

― posted by 大岩稔幸 at 12:47 pm

<< 2018.6 >>
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0168 sec.