平安楽土

2378881175


 21世紀に入って早くも9年目を迎えたが、戦争の世紀であったといってもよい20世紀への反省は活かされずに、いまもなお世界の各地で、みにくい戦争が続発している。

 戦争がなぜ起きるのか。平和を構築するためには、戦争の研究をなおざりにすることはできないが、平和がなぜつづいたのか。平和であった時代の考察もさらに進める必要がある。

 徳川300年(実際は264年)は、平和の時代であったといわれがちだが、その内実は必ずしもそうではない。徳川家康が征夷大将軍となって開幕したのが慶長8(1603)年である。

 その後に大坂冬の陣があり夏の陣が起こる。元和偃武(げんなえんぶ)とはいうけれども、寛永14(1637)年には島原の乱が勃発する。総勢3万7000という反乱軍を12万余の軍勢で鎮圧した大事変であった。

 天保8(1837)年の大塩平八郎の乱、元治元(1864)年の禁門の変など、戦乱はあいついでいる。

 それに対して、延暦13(794)年の11月8日、都は平安京と命名され、「平安楽土」を願って展開された平安時代は、江戸時代よりもはるかに平安の時代であった。

 もっとも保元の乱(1156年)以後の京都の実相は、非平安だが、それまでの間にいくつかの政変はあっても、大規模な戦争はなかった。

 10世紀前半の承平・天慶の乱を軽視するわけにはいかないが、平将門や藤原純友らの武力蜂起は挫折した。

 平安時代が日本の各時代のなかで、もっとも平安の時代であったことが再発見され、平安時代がいかに平安の世紀であったかを、あえて強調したい。

 大同5(810)年の藤原薬子の変のおり、兄の仲成は死罪と定まったが、「死する者は再びかへらず、遠流無期の罪は死罪に同じ」として遠流となった。この「大同の例」は、保元の乱で平忠正・源為義が死罪となる日まで、守りつづけられた。

 実に346年の間、死刑の執行がされなかった、人類史上の稀有の都が平安京であった。その深いえにしをかみしめたい。











京都大学名誉教授
上田 正昭

2009年3月14日
高知新聞 夕刊 「灯点」ひともし

1 of 212Next»

― posted by 大岩稔幸 at 09:34 pm

死と眠りの神

img054

 ギリシャ神話にはヒュプノスという眠りの神が登場します。穏やかで心優しい有翼の美青年で,夜が訪れると地底の宮殿を出て人々に安らかな眠りを与えます。

 宮殿には3人兄弟の夢の神がいて,父ヒュプノスが眠らせた人の心のなかにさまざまな夢を生みだします。年長のモルペウスはあらゆる人間の姿に変身して夢に現われ,神のお告げを伝えます。薬物モルヒネの名前は,このモルペウスにちなんでつけられました。

 2番目のポベトールは動物の姿をして現れます。かわいい小動物で登場してくれればありがたいのですがその逆で,しかも悪夢の神なのです。ここから「恐怖症(フォビア)」という言葉が生まれました。

 3番目のパンタソスは物体の形で夢に登場します。姿形が奇怪であるばかりでなく.非現実的な夢を生みだします。ここから「幻想的な(ファンタジー)という言葉が生まれました。

 眠りの神ヒュプノスにはタナトスという兄がいてこちらは死の神です。ともに地底の宮殿に住んでいますが,性格は全く違って兄は鉄の心臓と青銅の心をもち「その時」が来ると容赦なく魂を奪い去ります。

 画像はこの兄弟神がトロイ戦争の英雄サルペードーンの亡骸を戦場から祖国リュキアヘ運ぼうとしているところです。死者の肩を支えているのが兄タナトス,足を支えているのが弟のヒュプノスといわれています。

 臨終に眠りの神が寄り添うのは,死に逝く者に永遠の眠りを授けるという大事な役目があったからです。

― posted by 大岩稔幸 at 11:20 pm

夜光杯

img049

 西安はかつて長安とよばれた唐の都だった。当時、長安はシルクロードを通じて東西の珍品が集まり、酒楼などでは西域から伝わった葡萄酒を夜の光に輝く玉杯で飲んだという「夜光杯」。その妖しげな名の酒杯はどんなものだったろう。

 古代、夜光杯は白玉を研磨してつくられていた美しい酒杯である。夜光杯の名が書物に登場するのは漢代に遡るといわれている。漢代の東方朔の記した『海内十州記』によれば、「周代に西域の者が玉でつくられた刀と夜光にきらめく杯を王に献上した。杯は白玉の極めて上質なもので、夜間も光り輝く」とある。

 一方、涼州では祁連山脈から採れる「祁連玉」を使って夜光杯がつくられた。夜光石ともよばれる祁連玉は、墨色の模様の入った緑色をしていて、きめが細かくなめらかな質感を持っている。玉を薄く削って酒杯にすると、夜の光を通して緑色に輝くことから宝物として珍重された。

 シルクロードによって繁栄を極めた唐代の長安では、夜光杯に西域から伝わった高級な葡萄酒を入れて飲むことも上流階級にあったと言われている。しかし、後世まで夜光杯を有名にしたのは唐代の詩人、王翰の『涼州詞』の一首である。ただし、その夜光杯が祁連玉だったかどうかは定かではない。

葡萄の美酒に夜光杯
飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す
酔うて沙上に臥す 君笑うこと莫かれ
古来征戦 幾人か回(かえ)る
               王翰 『涼州詞』 唐詩選より

img050

― posted by 大岩稔幸 at 01:13 pm

正月飾り

22136916

http://item.rakuten.co.jp/iwabun/shin-kokoro/

 正月飾りを付けた車をとんと見なくなった。車に対する意識が変わったのか、それとも景気の悪さがそうさせるのか。恐らく、その両方だろう。

 車が庶民の家庭にまで普及し始めたころ、新しい車を買うと「新車下ろし」と称して、宴席を設けた。お酒を飲む口実でもあったが、そうやって、新車を買ったうれしさを、仲間たちと分け合ったのだ。

 車には夢がいっぱいあった。「いつかは○○」というテレビCMがそのあたりの事情を語っていようか。今は小さな車だが、そのうち、もっと大きな車を、という夢が持ち得た時代であった。

 バブルがはじけて正月飾りは激減、その後も回復することなく、過去の風俗になりつつある。車はありふれた移動用の道具となり、地球温暖化も絡んで、かつてのような夢が持ちにくいことになった。

 金融危機に端を発した不況で、経営危機に陥っている米国自動車メーカーの最大の失敗は、車を取り巻くそんな環境の変化を見誤り、いつまでも大きく豪華な車を造り続けてきたことにあるのだろう。

 GM社がこの危機に際してすがったブランドが、キャデラックやシボレーといった「昔の名前」であることに、それは象徴されている。日本メーカーのような低公害車が、そこにはない。

 公的資金の投入で年は越したが、米国の自動車業界が世界経済の時限爆弾であることに変わりはなさそうだ。爆発せぬことを祈るばかり。

IMG2496-09b79

― posted by 大岩稔幸 at 11:35 pm

夜空を眺める

img047

 ことしは国連などが定めた「世界天文年」。国内では1月4日群馬県で開かれたオープニングセレモニーを皮切りに、さまざまな催しが企画されている。

 ガリレオ・ガリレイが手製の望遠鏡で天体観測を始めてから400年になるのを記念する行事だ。その前年にオランダ人が発明したといううわさを頼りに、苦労して組み立てた望遠鏡の倍率は14倍。いまならおもちゃ屋で売られている程度のものという。

 それでも人類初の天体望遠鏡で得られた成果は大きかった。でこぼこした月の表面や木星の4つの衛星、無数の星の集まりである天の川、そして太陽の黒点…。急いでまとめた「星界の報告」にも、ガリレオの興奮が満ち満ちている。

 ガリレオが切り開いた新たな世界は、望遠鏡の発達とともにどんどん広がってきた。さらにロケット技術の発達による宇宙の解明も加わった。ことしは人類が最初に月面に降り立ってから40年の節目でもある。

 まだまだ未知の部分が多く残る宇宙とはいえ、科学の発達によって伝説や神話に彩られた世界は打ち砕かれてしまったかのようにみえる。これを「知恵の悲しみ」と呼ぶそうだが、夜空にきらめく無数の星はやはり私たちをロマンの世界へ導いてくれる。

 江戸中期の句集に「星の名を覚えて空も伽(とぎ)になり」という句が出ている。一年中で最も星の観察に適したこの季節、家族で夜空を見上げるのも悪くはない。





小社会
2009年01月04日08時08分

― posted by 大岩稔幸 at 07:03 am

<< 2018.10 >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0195 sec.