高知保険医協会 <理事会声明> 

bdsm-1835-40

後期高齢者医療制度は中止・撤回を
後期高齢者診療料の届出、算定は慎重に

2008年4月22日
高知保険医協会理事会
 4月から始まった後期高齢者医療制度は、厳しい時代を生き抜き、今日の社会を築いたお年寄り一人ひとりから高い保険料を原則年金から天引きする過酷なものです。保険料を滞納した人からは保険証の返還を求め、資格証明書を発行することになっています。医療内容では診療報酬に包括制を導入するなど差別的なもので許すことができません。
高知保険医協会は後期高齢者医療制度の中止・撤回を求めて運動をすすめてきました。国会では2月28日に野党4党が共同で後期高齢者医療制度を廃止する法案を衆議院へ提出しましたが、「ねじれ状況」の中で審議は出来ず、政府・厚生労働省は制度の不手際への対応に追われている状態です。
医療費抑制を目的とする「後期高齢者医療制度」の具体化として、今回の診療報酬改定で「後期高齢者診療料」が導入されました。これは「1人の患者に1つの主病」しか認めず、慢性疾患療養管理を1つの医療機関に限定するというものであり、フリーアクセスや必要な医療が制限されるものです。医療機関に患者の囲い込みを促し、医師を分断して地域医療を崩壊させる危険性をもっています。厚労省は「医療内容が差別されることはない」と、その否定に躍起になっていますが、そうであれば、「高齢者の心身の特性」をもとにかかりつけ医として果たすべき機能を評価し、個別に出来高で評価すべきであり、わざわざ後期高齢者独自の診療報酬を設ける必要はないと考えます。
この算定について、全国各地の医師会や保険医協会が届出や算定を巡って「見合わせる」等の声明を出しています。
以上を踏まえ、会員の先生方には高齢者を差別する「後期高齢者医療制度」の中止・撤回を求める運動へのご協力と、後期高齢者診療料の届出や算定については慎重に対応することを呼びかけます。

― posted by 大岩稔幸 at 01:31 pm

9条世界会議

憲法9条を世界に・・・・http://www.whynot9.jp/first/ Link
戦後60年たったから、新しくしなくちゃという発言も一部あったけれど、60年以上も平和を守ってきた9条だから、もっと考えて、もっと大切にして! そう痛感して世界から9条へのメッセージを携えた人たちがやってくる、それが『9条世界会議』です。ノーベル平和賞受賞者や平和問題に取り組む人たちの話に耳を傾け、ときに意見交換したりと、彼らとシェイクハンドするのは会場に足を運んでくれるみなさん。ライブや研究発表、映像コンペなど、企画して、参加するのも自由。誰かが企画するのを待ってないで、どんどん参加する、創っていくのが、この新しい世界会議のスタイルです。
まずは、仲間と声をかけあってみよう。何がやりたい? できることは何? とりあえず、はじめの一歩を踏み出してみよう。


― posted by 大岩稔幸 at 09:14 pm

時限爆弾・後期高齢者医療制度 

seanplatter-Mephistopheles

 実態が知られるにつれて後期高齢者医療制度への怒りが広がっている。ただ、少し危惧しているのは、この法律の本質。「事件爆弾」という特徴を共通の理解にすることだ、と思っている。

 九条の会の呼びかけ人の一人加藤周一氏は、「時限爆弾というものはすぐには爆発しない。」「1920年代に通った治安維持法、これをすぐには使わなかった。それから10年、20年経つと、それを使って言論と集会の自由を弾圧した」、また、「2・26事件が起こって、国民が知らない間に、軍部大臣現役武官制が復活した。しばらくは市民生活には何の影響もなかった。しかし、時が経つと軍部の気に入らない内閣には、法律を使い、大臣を出さず流産させた。それが侵略戦争への道に続いた」という趣旨のことを書いている。 

 この制度は10年もたないであろう。10年以内に爆発するであろう。与党の幹部がどう言おうが法律は正直だ。

 しかし、ここまで言うなら「身土不二」の精神で、輸入を制限し、日本の一次産業を守ることに、必死になったら、といいたくなる。オタワ宣言の精神で行けば、収入の不安定な非正規雇用も健康破壊につながり規制すべきとなるが……

 本当に酷い法律だ。








February 05, 2008 in 社会保障 | Permalink
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2008/02/post_9f76.html Link
1 of 3123Next»

― posted by 大岩稔幸 at 09:42 pm

不眠症

img006

 不眠症は、国民の4人に1人が罹患しているとも言われるコモンディジーズである。不眠症は「眠れない時期」によって3種類に分けられる。

 入眠障害は、寝付きが悪い状態である。ただし、時差ぼけや勤務シフトによる一時的な寝付きの悪さは不眠症には入れないし、明らかに悩みがあって布団に入っても寝付けないという場合も、不眠症には分類されない。入眠障害は、子供のころから寝付きが悪かった人で、中高年になってそれが目立ってくるといった「体質性」のものが多い。

 睡眠の中期が障害されるのが「中途覚醒」と「熟眠障害」である。中途覚醒は、一旦寝入っても夜中に目が覚めてトイレに行ったりするが、その後はまた眠ることができるというものである。熟眠障害は、一晩中うつらうつらするだけで眠った気がしないというものである。

 患者は「一晩中遠くで鳴る時計の音を覚えている」とか、入院の患者なら「看護師さんが訪室したのは全部覚えている」と表現する。中途覚醒や熟眠障害は、中高年によく見られる。中高年になると、一般に睡眠の質は悪くなり、睡眠が浅くなることが生理的にも多い。

 最後に、夜明け前のまだ暗いうちに目が覚めてしまい、その後再び眠れなくなる場合を「早朝覚醒」という。このタイプの不眠症は、最も注意しなければならない。と言うのは、この不眠がうつ病の症状である可能性が高いからである。だから、あなたが不眠で悩むようなら、まずはうつ病の可能性について検証する必要がある。なお、早朝覚醒でうつ病が否定された場合、それは単なる「中高年性」の不眠を意味している。

 この不眠症を、すぐに手に入るアルコールで解決しようとするケースは多い。アルコール依存症は、スクリーニングテストの結果では全国に440万人、より正確な「診断基準に基づくアルコール依存症者数」では80万人と推定されている。しかし、厚労省の患者調査では、実際のアルコール依存症患者は1万7100人(02年10月現在)となっている。つまり、治療を受けているのは47分の1人ということになる。

 アルコール依存に関して、かつては「禁断症状」という言葉があったが、実際には禁酒ではなく節酒しただけでも同じ症状が起こるという理由から、今では「離脱症状」と呼ばれるようになっている。典型的な禁断症状としては、最後の飲酒から24〜48時間後に、手が震え、汗をかき、動悸がみられ、小動物性幻視(アリなどの虫や小さな動物が見える)が起こる。けいれんを伴うこともあり、時に死に至ることもある。このような症状が見られるものをアルコールへの「身体的依存」があると呼ぶ。これに対して「精神的依存」は、「ああ、お酒が飲みたいなあ」と思ったり、お酒がないとイライラするような状態のことである。お酒が飲める人のほとんどは,この「精神的依存」があると思われる。

― posted by 大岩稔幸 at 02:59 pm

DQNネーム

img022

最近の(特に2000年以降の)子供の名前に見られる、暴走族のような当て字(愛羅=あいら、など)やアニメのキャラクターからとった当て字の名前(光宙=ぴかちゅう、など)のような、なかなか読みづらい名前をDQNネームと呼ぶ場合がある。正確な定義はないが、一般的に使われる「珍名」とほぼ同義である。一説にはベネッセコーポレーション発行の育児雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」およびその増刊号の「名づけ特集」の影響もあるといわれる。評論家の呉智英はこれらの名前を「暴走万葉仮名」と定義づけている。

* 漢字の読みを無視している。

 軽い部類では愛を「あ」と読ませるように読みの一部省略。さらに漢字が表意文字であることを利用して、英語読みをしたり(黄金=ごぉるど)、新しい読みを創造するケースまである。フリガナがふられていない場合、通常の読みで読まれてしまうという弊害がある。また、翔とか良といった末尾が「う」で終わる漢字を「しょお」「りょお」といった具合に響きから「お」に変えてしまうこともある。

* 言葉自体に別の意味がある。

「海に浮かぶ月」をイメージして「海月」と名付けたらクラゲだったという具合に、言葉に意味がある事を知らずに名づけてしまうケースがある。また、亜奈流、舞良、妃仁といったように読みが卑語になってしまうケースや慈檀や斗亭のように好きな選手の名をつけるのはいいが姓の方を名にしてしまうケース、更には空をアクア、金星をマーズというように英語読み自体が間違っているケースもある。

* 人間外の名前をつける

コアラといった動物の名前や、ココアといった食べ物の名前、惑星のケースもある。更にはハム太郎といった具合にアニメの人間ではないキャラクターをつけるケースがある。

* 性別の混同

男の子に一般的に女の子の名前とされる名前をつけたり、逆に女の子に男の子の名前をつけたりする場合。

* おこがましい

神とか救世主とか、あるいは天照といった具合に偉すぎる名前。


* ありきたりの名前が嫌で、世界の中でただ一つの名前をつけたがる。
* 言葉に対する知識不足。
* 響きやイメージの優先。
* 親と世間の価値観のズレ、あるいは押し付け。

名前というのは親がいいと思った言葉を名づけるもので、価値観の押し付けがない名前など存在しない。しかし、ここで問題になるのは親の価値観が常識とズレていることに気づいていないことである。このため、通常つけてはいけないと考えられているものまでつけてしまうことになってしまう。親の好物や趣味、更には事情などを名前という形に押し付けることもあって、それによって子供に悪影響があるのであれば愛情というより親のエゴでしかない。価値観の押しつけが子供の生涯にどう影響するかを考える必要がある。

* アニメや漫画の影響
 注意するべきなのは、たとえ現代日本を舞台とする作品であってもフィクションの世界と現実世界の常識は違うという点である。
現実世界ではDQNネームとされるような名前であっても作品内ではそうではない、ということを認識する必要がある。フィクションでは特に設定がない限りはDQNネームであるかどうか考慮することもないし、レイアースの登場人物のように車の名前で統一されているケース、奇面組のように名前自体がギャグになっているケース、八犬伝のように名前に意味をもたせるケースなど、作品への味付けとして名前をつけている場合がある


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1 of 212Next»

― posted by 大岩稔幸 at 06:56 am

<< 2018.1 >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0134 sec.